臨床工学科

医療技術部

臨床工学科

現在の医療では、最新医療と言う名のもと多種多様な医療機器が病院のありとあらゆる場所で稼働しています。これらを安全に使用するために機器の操作・管理を行える技術職が必要とされてきました。それが臨床工学技士です。現在1名の技士が手術室や病棟の生命維持装置の操作および保守点検や使用者への教育研修を行っています。医師や看護師と連携して、医療機器を安全に使用することで患者さまの安全を確保したいと考えています。
IMG_9539
また、臨床業務の「ペースメーカチェック」では医師や臨床検査技師と共同して治療にも携わっています。今後もますます、臨床工学技士が関与していかなければならない領域が増えていくと考えていますので、医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献していきます。