リハビリテーション科

医療技術部

リハビリテーション科

当院リハビリテーション科では、脳卒中、頭部外傷などの脳血管疾患、パーキンソン病などの変性疾患、骨折などの整形疾患、肺炎などの呼吸器疾患等の方に対して、急性期、回復期、維持期のそれぞれの疾患に合った、リハビリテーションプログラムを提供しています。また、東広島地区の高次脳機能地域支援センターとして、脳卒中、交通事故等による高次脳機能障害に対するリハビリテーションも実施しています。平成25年5月の回復期リハビリ病棟開設に伴って、スタッフが倍増し、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を合わせて40名近い人数になりました。スタッフの年齢層は様々ですが、「東広島一のリハビリ専門病院にする」という目標に向かって、皆でがんばっています。

当院では、

365日リハビリ提供体制

入院患者さんについては、リハビリテーションが毎日行えるよう、休日もスタッフが勤務する体制をとっています。主担当者が休みの場合は、副担当者がフォローに入り、それぞれの患者さんのリハビリテーションプログラムが、途切れることなく実施できるようにしています。

スタッフの指導体制

当院は中堅スタッフの定着率が高く、新卒スタッフに対して、臨床技術のみならず学術知識についても、きめ細かく指導を行っています。

生活リハビリ

退院後の自宅での生活がスムーズに行えるように、入院時より、自宅での生活を想定したリハビリプログラムを実施しています。


なお、スタッフの出身校は以下の通りです。後輩の皆さん、ぜひ、見学に来てみませんか。

Riha2朝日医療専門学校、愛媛十全医療学院、川崎医療福祉大学、吉備国際大学、九州保健福祉大学、県立広島大学、島根リハビリテーション学院、下関リハビリテーション学院、専門学校YICリハビリテーション大学校、玉野総合医療専門学校、松江医療専門学校、松江総合医療専門学校、広島国際大学、広島大学、広島医療保健専門学校、福岡リハビリテーション専門学校、リハビリテーションカレッジ島根(五十音順)


私たちは、地域に根ざし、質および患者満足度の高いリハビリテーション提供機関をめざして、リハビリテーション科全スタッフが、ひとりひとりの患者を大切にする取り組みを推進しています。