手術室・中央材料室

看護部

手術室・中央材料室

手術室は外科と整形外科の手術を主に行っています。手術室スタッフは、看護主任1名+応援看護師2名です。部屋数3室(うちバイオイクリーンルーム1室、滅菌準備室1室)予定手術・休日や夜間の緊急手術に365日24時間、日勤+オンコール体制で対応しています。患者さまに周手術期を快適に過ごしていただくため、「安全・安心・安楽」に心掛け、事故防止に努めています。 低侵襲手術として内視鏡下手術が主流となり第一選択としています。通常の手術と比べて小さな傷で実施できるので美容的な変化や、術後の疼痛が少なく術後の早期離床、早期退院が可能となります。昼夜を問わずリアルタイムに同じ治療が提供できるよう柔軟に対応しています。

Ope 中央材料室は、手術室と兼任看護主任1名と看護補助者1名で運営しています。院内で使用したステンレス器材やリネン類などを中央管理しています。