ステップⅠ学習発表会を終えて

ステップⅠ学習発表会を終えて

2016/03/08 

  私たちは昨年の4月に新入職員として井野口病院に就職しました。それからもう少しで1年間が経とうとしています。入職前から不安と緊張で「ちゃんと仕事ができるだろうか。」という気持ちでいっぱいでした。徐々に病棟に慣れ、スタッフ間とも良好な関係で日々充実した日々を送っています。
 04一年を振り返って③
 私たちには、教育担当の専従看護師・アシスト・プリセプター・主任の方が指導下さり、業務以外のことでも精神的な支えをして下さりました。
 
 今回の学習発表会では、この1年間呼吸器疾患が現病・既往にある患者さんに多く出会いその中でも「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」について興味を持ったため学習を深めていきました。学習を深めるに当たって、肺の構造・機能を改めて知ることがあり、日々の学習の浅さに愕然としました。病態と看護についてそれぞれ学習し2人で意見を共有することが出来ました。「なぜ?」という疑問を持つことが理解を深めていくためには必要で、臨床でもそういった気持ちを大切にすべきだと感じました。

 他病棟の発表では、それぞれの病棟の色が出ており、その病棟の特徴をとらえた発表でした。5階病棟は、療養病棟であり、入院期間が長期になる患者さんが多いため、患者さんとのコミュニケーションを大切にすることがとても大切であると感じました。患者さんとよりよい関係を築くためには、患者さんの思いを素直に受け取り、「今、何を感じているのか。」感じとる能力も必要であると思いました。7階病棟では、手術について主に発表しており、私たちが経験したことがないことをまとめていたので、とても興味を抱きました。手術室での流れから退院支援まで幅広いことを経験していたので、私も、プライマリーが退院する際に退院支援など出来たらいいなと思い、今後の課題を発見することができました。今回の発表で多くの情報共有を行い、多くのことを学ぶことが出来ました。
04一年を振り返って④

 これからも、日々学習していき、多くのことに挑戦していきたいです。
                                       4階病棟看護師