めざしたい先輩がそばにいる~認定看護師への道~

めざしたい先輩がそばにいる~認定看護師への道~

2014/03/29 

看護師のエキスパートである認定看護師。
今回は当院で様々な認定看護師になるために活動している職員からのメッセージを紹介します。

摂食・嚥下障害看護 認定看護師教育修了
4階病棟看護師 室井 恵美 さん

★IMG_1613

「私は、日本赤十字広島看護大学 認定看護師教育課程「摂食・嚥下障害看護」を修了しました。
全国各地、規模もさまざまな病院から24名の研修生が来ていました。摂食・嚥下障害を主とし、
看護教育や相談などを講義、演習、実習を通して、1つ1つの知識を深めていきました。
日々、課題やグループワークに追われ大変でしたが、「1人でも多くの人の口から食べる幸せを
守りたい」という信念のもと、研修生同士支え合いながら研修期間を乗り越えることができました。
また、教員の先生も個人面接や相談に対応してくださり、大きな支えとなりました。
研修期間が終了し、摂食・嚥下障害看護について語りあう同士が身近にいなくて不安ですが、同期
研修生と月に1回は集まり、近況を報告することでモチベーションを維持しています。今後も、1
人でも多くの人の口から食べる幸せを守るために頑張っていきたいと思います。」



感染管理認定看護師 教育課程受講中
4階病棟看護師 鈴木 沙織 さん

★IMG_1629

「現在ICT(感染制御チーム)で専任看護師として活動しています。主な活動は感染マニュアルの改訂、感染対策教育とコンサルテーション、そして年に4回地域の感染管理合同カンファレンスに参加しています。
このICTでの活動において、知識・技術の未熟さを痛感することが多く困惑することが増えました。
いつしか感染管理に関する専門的な知識・技術を習得し、病院に関わる全ての方が、安心して過ごす
ことができるように活動していきたいと思うようになりました。
平成26年4月から認定教育課程に進学します。今後は学校での学びを活かして、病院内での感染症の発生時の早期対応だけでなく、地域を含めた感染症の予防対策の強化を図っていきたいです。」