先輩看護師インタビュー

生き生きしたお母さんになりたい

実は当院は、私の母も看護補助者として勤めていたんです。なので幼い頃から病院の話を聞くことも多かったし、母の働き振りをずっとみてきました。
私は、小学校の頃からいわゆる鍵っ子。でも、不思議に淋しいと思ったことはなかったように思います。同じく小学生の頃に、1ヶ月間の入院をしたこともありました。その時に看護師の方が優しくしてくれた経験を通じて、またお母さんのように生き生き働いている人になりたい・・・

そんな想いを胸に抱き、当然のように看護師になることを夢見ていました。小学校の卒業文集には、既に「看護師になりたい」と書き、迷うことなくその道を進んで行きました。

interview_satou

佐藤 奈保子

広島県東広島市出身
在籍6年目
広島県立三次看護専門学校卒

お母さんになった今・・・

看護師として働き始めた頃は、廿日市市にある総合病院で働いていました。結婚を機に地元に戻ってきました。どこで働きたいかって、昔から母が働いていた病院以外に考えられなかった。

自分が母親になってみて、より一層実感することですが、当院は子育てしながらでも働きやすい環境です。当院専用の保育園があるので、1歳の育児休暇が終わると同時に預けられます。同じ病院内の人だけなので少人数でみんな知った顔。

何より子育てをしていて困るのは、子供が突然熱を出したり体調を崩して、急遽迎えに行かねばならなかったり、休まなければならない時。こういう時は周りに申し訳なく、でも子供のことが気になって、板挟み状態でいたたまれなくなります。

そんな折、私の子供も熱を出しました。しかし、返ってきた言葉は、「みんなお互い様なんだから、大丈夫よ。後はやっておくから早く行ってあげて」と優しく声をかけてくれたんです。ありがたかったです。そういう環境で働いているからこそ、後ろめたい気持ちをもたず、子供とも真剣に向き合ってこれました。仕事も子育てもどちらも一生懸命やれる環境に感謝です。

今は、2人目の育児休暇中。保育園は病院の横にあるので、時々仲間に子供を見せにいったりもします。こうした気さくな雰囲気は、なかなかないと思います。今、結婚したからとか、子供ができたからとかで、仕事を続けたいのに辞めなければいけない人たちがたくさんいると聞きます。
でも、後ろめたくなくお休みをもらえたり、託児のある整った環境であれば、夢は叶います。

私自身も含め、生き生きと働くお母さんの姿を子供たちに見せてあげてほしいです。