病院紹介

救急医療〜2次救急輪番制病院

地域の救急活動を担う二次救急輪番制病院
地域の救急活動を担う二次救急輪番制病院
内視鏡手術手技を用いた体に負担の少ない緊急手術の実施

迅速かつ適切な治療は多くの命を救うことにつながります。
地域内でおきる可能性のある疾病と外傷に十分な対応ができるよう、救急医療の高度化・高次元化を図るため、スタッフはもちろん、施設・設備も充実させています。
救急処置室および診察室は、X線検査室を救急車搬入口と連携しています。

先進医療

最医療機器の導入
最医療機器の導入
臨床検査データや画像データを院内で共有できるネットワークの構築

現代における医学と医療技術の進歩は目覚しいものがあり、医療の最前線では最新医療機器の使用による先進医療が不可欠となっています。

井野口病院は、先進医療を提供できるよう、平成24年2月よりコンピューターシステムでカルテを作成・管理する電子カルテへ移行しました。電子データ化により、患者の病歴や、検査結果、投薬過程などが簡単に検索・抽出可能になります。診療記録の共有化により患者を中心としたチーム医療の実現をつくりあげています。

例えば、臨床検査室のデータは端末機を使って素早く呼び出せますし、放射線科で撮影された一般撮影やCT、MRIの画像も院内のねっとワークを介して診察室やナースステーション、カンファレンスなどあらゆる場所から、いつでも観察する事が出来ます。システムの連携により、各部署に情報を直ちに転送することで、医師の指示を仰いでから施術までが、ごく短時間で行えます。まだ、オーダリングシステムにより指示書への転機ミスの解消など安全対策にも役立っています。

予防医学

体力づくりにご利用いただけるトレーニングルーム
温水プール
種類が豊富な人間ドック・健康診断

病気の治療に取り組む以前に、「治す」から「予防する」先進の予防医学に取り組んでいます。

人間ドックや健康診断などによる定期的なメディカルチェック、人間の治癒能力をスポーツを通じて引き出す「スポーツ医学」を取り入れた予防医学も実践しています。また、生活習慣病予防、改善・体力作りなどを目的に、トレーニングルームのマシーンをご利用いただけます。

リハビリテーション

基本的動作の訓練を行う理学療法
さまざまな作業活動を用いて治療する作業療法
言語機能の回復訓練を行う言語聴覚療法

外来、入院患者さんに対して、各個人の状態を調べて全体像(身体機能・心理面・リスクなど)を掴み、適切な治療方法・目標を設定後、治療を進めていきます。医師の指示のもと、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などリハビリスタッフがチームを組んで計画的に総合訓練をします。

理学療法(運動療法・物理療法)

病気・けが・寝たきりなどによって身体が不自由となった人々に対し、
身体と心の面から機能回復・維持を図ります。

作業療法

身体機能、高次脳機能、心理面へのアプローチ、日常生活動作の向上など、職場復帰にむけて指導していきます。病気や事故のために身体に障害を負った人々に対し、今後生活していくための問題を的確に評価し、いろいろな作業活動を用いて治療していきます。

また障害があっても残された機能を最大限活用し、身辺動作や家事動作、仕事への復帰を目指した訓練を行います。更に、住宅の障害者やその家族の方々が生活しやすいように指導、援助を行います。

言語聴覚療法

脳血管障害や頭部外傷の後遺症として、発声発語機能、言語機能、聴覚機能、高次脳機能、摂食・嚥下機能などに症状がみられた場合、引っ込み思案になったりこれまでの生活に変化が起こることもあります。各々に合った治療プログラムを設定して言語機能回復訓練、発声・発語訓練、嚥下機能改善訓練などを行います。

病院機能評価への取り組み

平成26年1月25日、井野口病院は(財)日本医療機能評価機構が実施する病院機能評価の更新認定(3rdG:1.0)を受けました。

設立当初より「更なる医療の質向上」と「より良い病院づくり」を目標に業務の改善に努めてまいりました。

病院機能評価に対する取り組みは、平成10年(98年)より始め、翌年1月25日、「地域に密着した急性期病院にふさわしい機能と質を有している病院」(一般病院A)として認定証を取得しました。(全国で54番目、広島県下では4番目)

kinouhyouka